相続税と保険金

相続税は、亡くなった方からの相続を受けた財産に対して負担するものです。
相続される財産としては現金、預貯金や不動産などのほか、『みなし相続』というものもあります。
みなし財産としては生命保険の死亡保険金、死亡退職金などといったものが該当します。
被相続人が亡くなった時点においては、現実の財産として手元にはないという性質のものです。
被相続人の方が亡くなったことによって、遺族である相続人も受け取ることができるということになります。
死亡保険金には相続税がかかりますが、遺族に過剰な負担がかからないための配慮として、一部は非課税財産となっています。
死亡保険金を受け取る配偶者や子供たちは家族を亡くし、生活に対して大きな不安を抱えているのです。

会社設立を福岡で検討されている方必見!

事故で加害者や被害者になってしまった場合

相談されることが解決への一歩です。

法律トラブルならご相談下さい。

福岡、北九州市で税のご相談

情報一覧

関連メニュー

相続税の課税対象になるものとしては、死亡退職金も該当します。
長く仕事をしてきて定年が近いよう

相続税と死亡退職金

相続税について死亡退職金が相続財産として含まれるかどうかについては、扱いの異なるケースがあります。<

相続税に関する死亡退職金の扱い

相続税の申告については、税理士の方に代行してもらうこともできます。
具体的に財産を評価する方法

相続税の申告を税理士に

相続税の申告について税理士の方へと依頼する場合には、まず料金のことをはっきりさせておく必要があります

相続税の申告を税理士に依頼する場合

Copyright© 相続税 All Rights Reserved.

相続税と保険金
相続税